太る脳をやせる脳に変えるだけで人間の体は変わってくる

太る脳をやせる脳に変えるだけでダイエットは成功します。人間の身体は自律神経がバランスを取ってくれているので、偏ってしまわないように注意しておきましょう。太る脳をやせる脳に変えるには、起きている時と寝ている時の神経の切り替えが必要になってきます。

日中は交感神経が活発に動いてくれているので、身体の脂肪を燃焼しやすくしてくれているのです。
デスクで座ったままの作業が多い人は、交感神経の動きも鈍くなってしまうので、同じ姿勢のままではなく、軽い運動をして身体を動かしてあげるようにしましょう。

太る脳をやせる脳に変えるには、寝ている間も肝心になってきます。寝ている間は副交感神経が働いてくれていますから、ぐっすりと眠ることが出来なかったと感じてしまう人は、痩せるスピードが遅くなってしまいがちです。

このような神経の乱れは、呼吸法をマスターするだけでも違ってくるので、朝・昼・晩と続けて行うようにしましょう。やり方はとても簡単です。椅子に座り姿勢を正して、手のひらをお腹に当て、3秒ほどを掛けて息を吸い、上体を前に倒しながら1秒で息を吐くようにするのです。

朝に3回、へそ呼吸と言われるこの方法を試してみましょう。
寝たままの状態でも行うことが出来るので、寝起きに呼吸を整えてあげると、脳が正常に機能するようになり、痩せやすい脳を作っていけるようになります。

ダイエットにはストレスが大敵になってきますが、見えないものなので、ストレスが掛かっていても気が付かないケースもあるでしょう。ちょっと疲れたなと感じたら、身体だけでなく脳も休ませてあげましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ