体脂肪知り尽くしダイエットで隠れ肥満にならないようにする

太ったと意識するのは、体重の増加やウエストなどのサイズアップなどで、体重は測れば一目瞭然にわかり、サイズは以前に着られていた服が入らなくなったことからわかるものです。太ってしまった原因を探るのが一番の解決法なのですが、どうしても体重を落とさなければと焦ると、ダイエットに失敗してしまう原因にも繋がってしまう可能性があります。

痩せていても脂肪が落とせなければ、痩せたとは言えません。体脂肪知り尽くしダイエットでは、体重に注目するのではなく、体脂肪の増加をチェックします。肥満の中には、皮下脂肪型と内臓脂肪型の2種類に分けられます。

体脂肪知り尽くしダイエットでは、内臓脂肪をいかに落としていくかがポイントになってきますから、自分が健康な数値なのかを知ることが大切です。見た目は痩せているのに、体脂肪率が高い人は隠れ肥満とも言われます。

今は、体重計に体脂肪を測る機能が付いたものが多くありますので、記録をして、体重や脂肪の変化の様子を見てみてください。体重計の中には、家族それぞれのデータを記憶させられる便利なものもあるので、家族の健康管理にも役立つでしょう。肥満の場合には、成人病に掛かりやすい身体になってしまいます。

高血圧や動脈硬化など、血液が汚れてしまうと大きな病気になってしまう可能性が高くなってしまいますし、心臓に負担を掛けてしまうのは、生活に支障をきたしてしまいますから、ちょっと太ったかなと思ったら、体脂肪を測る癖を付けるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ