食欲コントロールダイエットで、食欲を抑える

人間はストレスがかかると、それを発散しようとする生き物です。買い物などの形で現れる人もいますが、一番多いのは食べることでストレスを解消しようとするパターンでしょう。このような暴飲暴食が度々起こると、当然体重は増えてしまいます。

またこの食べることでストレス解消を行っていると、そのうちそれが当たり前になってきて、普通の時でも多く食べるようになってしまうのです。
本人は、お腹が空くのだから仕方がないと思っているかもしれませんが、実はその食欲は偽物かもしれません。

ストレスに晒される、生活リズムが不規則、暴飲暴食の癖がある場合に起こりやすいのですが、何でもない時に偽物の食欲が湧いてきて、ついお菓子などを食べてしまうのです。食欲コントロールダイエットは、このような偽物の感覚を取り除くことで痩身効果を目指す方法となります。実際にコントロールする為には、食事の際の食べる順番が重要になってきます。

まずガムを噛むことが推奨されており、ノンシュガーのものが良いでしょう。噛むことで満腹感を出していく目的です。次に味噌汁かスープで、水分を摂りましょう。水分もお腹が膨れやすいので、ホルモンの働きを正常にさせる効果が見込めます。

やはり低カロリーなものが良いでしょう。続いて、低カロリーでボリュームがあるもの、野菜やこんにゃくといったものを食べます。マヨネーズやドレッシングは避けた方が良いです。最後に、いわゆる主食や肉、魚といった主食を持ってきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ