記録することで痩せていく、レコーディングダイエット

レコーディングダイエットという方法をご存知でしょうか。プロデューサー、評論家、作家と様々な顔を持つ岡田斗司夫氏が開発したことで知られています。氏は、元々117kgという体重だったのですが、このレコーディングダイエットに気づいてからはみるみるうちに体重が落ち、何と1年で50kgもの体重を落とすことに成功しました。

この顛末は本にもなっているので、興味がある方は読んでみるのも良いでしょう。
レコーディングとは、記録するという意味になります。元々は氏が同じメニューを食べることのないようグルメのメモを残していたところ、急に体重の増加が止まったことがきっかけだったようです。

レコーディングダイエットを始めようとするなら、最初は同じようにただメモを残すだけで構いません。但し、口にしたものは全て記録して下さい。ガムや飴といった、ほんの小さなものや飲み物まで全てです。できれば、食べる前に記録するのが良いでしょう。スマホやタブレットを持っているなら、比較的楽にメモが取れるはずです。

もし持っていない場合は、メモ帳と書く物を持ち歩いて実際にメモを取りましょう。これを毎日行います。

これが第1段階で、慣れてきたら次は食べた物のカロリーを調べましょう。食べたもの全てのカロリーを調べていけば、最初は苦痛かもしれませんが、そのうち自然と低カロリーなものを選ぶようになっていきます。

食べ物のカロリーが分かるようになってくれば、次はカロリー制限に入りますが、このダイエットは短期で結果を出すタイプのものではありません。焦らずゆっくりと取り組んでいきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ