胃袋の大きさに注目した、異色の胃袋ダイエット

太る原因として、何が考えられるでしょうか。まず多くの方は暴飲暴食、甘いものの食べ過ぎ、酒の飲み過ぎ辺りを連想されるかと思われます。これらは実際に間違いではありませんが、では食べる量が多くなるのは何故でしょう。心理的な要因としては、ストレスが挙げられますが、体にも暴飲暴食を受け入れる原因があるのです。

それは、胃袋の大きさです。
胃袋は伸び縮みすることは知られているかもしれませんが、満腹になるまで食べるといったことを繰り返すと、徐々にですが大きくなっていきます。大きくなると、許容量が増えますので、多く食べてしまいます。

そうして胃袋が大きくなっていくうちに、本来の許容量を遥かに超える量が標準だと思うようになり、こうなると自然に食事をしているだけで太っていってしまいます。この状態を抜け出す為に、胃袋を本来の姿に戻そうというのが、胃袋ダイエットです。

しかし体の内部の器官をどのように小さくさせるのか、そもそも出来るのかと疑問に思われるかもしれませんが、これは大きくなったことからも分かる通り、伸び縮みするという性質上可能となります。食べ過ぎて伸びたのなら、減らして縮めれば良いのです。

食事制限の一種ではありますが、食べるものに制限はありません。ただ、量を減らすことが求められます。毎食、どのメニューも1割から2割を残すようにすることが推奨されており、勿体ないと思われるかもしれませんが、一度試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ