夜食べても太らないダイエットで都合良く痩せる

夜食べても太らないダイエットという単語を聞くと、多くの方が一笑に付すでしょう。一般的に、夜食はダイエットの天敵とされています。夕食以降に何か食べると、太ってしまうと考える方が普通です。しかし現実には、仕事だったりプライベートの都合だったりで、食事が遅くなってしまうこともあります。

食べないという選択肢もあるのでしょうが、あまり現実的ではありません。
一般的に、食事を抜くと太りやすいというイメージがありますので、結果的に夜遅くの食事でも取ってしまうという方もいるでしょう。そのような、遅めの食事を取った場合に、朝は全く空腹感がないという経験はないでしょうか。

この場合でも食事を抜いてはいけないと思って、無理して食べるという方が多いかと思われますが、実は空腹感がないなら食べなくてもいいのです。食事を取る適切なタイミングは、空腹を感じた時となります。逆に、お腹に食べたものが残った感覚がある状態で食べると、太ってしまうということがありますので、必ずしも3食取る必要はありません。

定期的な時間に食事をするのは理想ではありますが、実際にそうはいかない場合が多くなっています。意図的に抜くのは駄目ですが、満腹感があるなら食べる必要はありません。また赤身なら肉も積極的に取ることが推奨されています。

タンパク質は過剰に摂ると太りますが、美容に大きく影響する為、1日2回は肉や魚といったタンパク質を摂った方が良いです。また、体は温めた方が良いので、味噌汁やスープを毎食取るとより痩せられるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ