肉を食べても問題ない、低炭水化物ダイエット

炭水化物と言えば、三大栄養素の一つであり、体にとっては必要な栄養素です。しかし現代社会では、過剰に摂ってしまうことが多くなっており、太る原因としてまず挙げられる成分となります。摂取を極力減らすことでダイエットを図るのが、低炭水化物ダイエットです。

ロバート・アトキンス博士により提唱した方法であり、アトキンス・ダイエット、ケトン式ダイエットとも呼ばれています。
炭水化物が太る原因であるとされている理由の一つに、吸収されやすいという点があるでしょう。多く吸収されると、血糖値が上がってしまいます。

この場合、体はインシュリンと呼ばれるホルモンを分泌して、血液内の糖分を吸収することで血糖値を下げようとします。これが、炭水化物を多く摂取することにより太りやすくなるメカニズムなのです。この栄養素を減らした場合、体はグルカゴンと呼ばれるホルモンを分泌し、脂肪を分解してエネルギーとして使うという働きを行います。3

この状態に、意図的に持っていくのが低炭水化物ダイエットとなります。
このダイエットはその性質上、危険が伴うことがあります。特に一種の飢餓状態になってしまうという報告も多くあるので、体に異変を感じたらすぐに中止して下さい。

まず、体内の炭水化物を消費してしまうよう、摂取量を1日20gまでと定め。この状態を二週間続け、体内を脂肪が燃焼する状態に変えたら、徐々に炭水化物の摂取量を増やしていき、目標の体重に近づけていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ