血糖値任せでいい血糖コントロールダイエット

血糖値と聞くと、多くの方は糖尿病を思い浮かべるかもしれません。しかし、この血糖値はダイエットにも無関係ではないのです。血糖コントロールダイエットという方法が確立されているように、血糖値について知っておいた方が良いでしょう。

この値は、高くなれば体内で脂肪を作り出そうとし、逆に低くなれば脂肪を燃焼させる働きを始めることで知られています。最低限これだけの知識があれば問題ありません。
この値をコントロールして、痩せやすい体を作るのが、血糖コントロールダイエットです。一般的に、朝から昼、そして夜に行くに従い、摂取カロリーは増えていく傾向があります。

この増え方は、太りやすい体を作っていることと同じ意味を持ちます。一番危険なのが、寝る前に食べるもの、次に夜食というのは一般的なイメージとして定着しています。ですので、それとは逆に、眠った時に血糖値が最も下がるように調節するのがこのダイエット法の肝です。具体的には、炭水化物は朝に最も多く摂り、逆に夜は一切摂りません。

タンパク質は筋肉の維持に必要なので、通常通り夜に多く摂って下さい。食物繊維に関しては、血糖値を抑える効果が期待できますので、毎食同じくらい摂って頂ければ良いでしょう。但し、フルーツに関しては糖分が含まれる為、朝か昼に限定されます。

このダイエット法は食事制限の一種ではありますが、食べてはいけないものはない為、続きやすくなっているのが特徴です。運動量を増やす必要もありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ