ダイエットをしても中々結果が出ない人におすすめしたい砂糖減生活

あまり知られていないかもしれませんが、砂糖はご飯やパンと同じ炭水化物の1つなのです。炭水化物と言えば脂肪へと変わりやすいので、ダイエットの最中は特に気を付けたい食品だと思います。しかし、食べなければ体が機能しなくなる恐れがあるので注意が必要です。

砂糖の場合は、脳を動かす唯一のエネルギー源であり、摂取しないと脳は働くことを止め、生きていくことすら出来なくなってしまいます。要は、ほどほどに摂取することを心掛けないといけない、ということです。

砂糖は甘い食べ物以外にも含まれています。例えば酒類や缶詰、それに薬やタバコなどいろいろなところで使用されているのです。ダイエットをしているのになかなか結果が出ないという人は、もしかすると砂糖を摂り過ぎているからなのかもしれません。

ダイエットと同時に1日の砂糖摂取量はだいたい18~25gに抑えることを目標にし、砂糖減生活を送ってみることをおすすめします。具体的な方法としては、例えばジュースをお茶に変えたり、サラダに掛けるドレッシングは和風を選んだり、ハチミツで代用したり、常に意識を高くすることで、方法は幾らでもあります。

もちろん外食生活を自炊生活に切り替えることも立派な砂糖減生活に繋がります。そして甘味料自体を変えることも1つのポイントです。同じ甘さなのに0カロリーのものや、甘さが砂糖の300倍だから少量で済むものなどいろいろとあります。ちょっとしたところを気を付けるだけで、ダイエットの結果に差が出てきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ