自分で作ってやってみよう、炭酸水ダイエット

炭酸水ダイエットとは、炭酸水を用いたダイエットであり、私たちの体にいい影響をたくさん与えてくれるのです。その影響には血管の拡張をはじめ、代謝アップや便秘解消、疲労回復、ダイエットなどが挙げられます。

また、炭酸水は市販されているものではなく、自分で作ったものを使うと経済的に楽です。自分で作れるのかと思った方、安心してください。誰でも簡単に、しかも低コストで作れるので今日からでも始めることが可能です。

準備するものは重曹(掃除用ではなく、医薬品のもの)とクエン酸、そして水です。重曹小さじ1/2(約1g)にクエン酸小さじ1/2(約1g)を入れ、水200mlで割ってください。よく冷えた水のほうが炭酸水に近くなりますが、冷えが気になる方は常温の水を使用することをおススメします。

また、炭酸が弱いと感じる方は50ml減らしてみてください。ちなみに重曹はナトリウムを含むので1日5g以上の摂取は禁物です。また重曹とクエン酸の比率は1:1が基本となるので、覚えやすいかと思います。

炭酸水ダイエットには2つの守らなければいけないルールがあります。1つは食べる前、もしくは食べながら飲むことです。炭酸水は食欲のバランスを整えてくれるので、食べ過ぎ防止を防いでくれます。

そして2つ目は、1日3~5回に分けて飲むことです。1日3回の食事、おやつの時間に合わせて飲むことでその都度、食欲を抑えてくれます。ただし、重曹は1日5gまでという約束も忘れてはいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ