実は乳製品はダイエットを助けてくれる食品

乳製品といえば牛乳やチーズが一般的ですが、これらは高カロリーな為、ダイエットには不向きだと考えられてきました。確かに高カロリーなのは否定できませんが、太る要素と直接結びつけるのはいかがなものでしょう。

牛乳やチーズにはいろいろな成分が配合されていますが、その多くがタンパク質です。タンパク質は肉や魚にも含まれています。そしてそのタンパク質こそが太る原因だと考えられているのですが、これは全くの筋違いです。太ると思い、タンパク質を摂らないでいると逆に太りやすい体へと変わってしまいます。

栄養をバランスよく摂ることが実はダイエットの秘訣だったりします。
乳製品に関しても同じことがいえます。特にチーズは、タンパク質以外にも乳酸菌がたくさん含まれています。乳酸菌は腸内に善玉菌を増やし、便秘の予防に務めているのです。便秘はお腹ポッコリや肌荒れの原因になったりします。

そう考えると便秘は是非とも予防しておきたいものの1つです。
乳製品に含まれるもので、カルシウムも代表的な成分として知られています。カルシウムが痩せることに直接的な効果を与える、ということは考えにくいですが、ダイエット中ならではのイライラを軽減することには効果があります。

また、女性ならではの悩みである、骨粗鬆症の予防にもなるので心強い味方となってくれます。ダイエットに関して、今と昔とでは考え方が大きく変わっています。昔はダメといわれていたが、今では良いと考えられるもの、またその逆のパターンもあります。まずは正しい知識を身に付けることから始めてみてはどうでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ