海藻汁ダイエットとは一体どんな方法なのか

ダイエットにもいろいろな方法がありますが、海藻ほど適している食材はないのではないでしょうか。中でもアルギン酸を豊富に含んでいるワカメ、昆布、ひじき、海苔などはより効果的です。ちなみにアルギン酸とは食物繊維の一種であり、ワカメや昆布のあのヌルヌル感もアルギン酸によるものなのです。

食物繊維といっても細かく言えば、性質が違うものがあるので一概にどれも同じとはいえません。アルギン酸の場合は、水に溶ける水溶性食物繊維であり粘度が強いのが特徴です。これは満腹感を得られやすく、しかも便秘解消や下腹ポッコリの解消にも繋がるのです。

さらにカリウムやカルシウム、亜鉛、鉄分などのミネラルも含まれている海藻は、ダイエットだけでなく健康にも良いといわれています。血圧を安定させたり、イライラをしずめたり、貧血防止、むくみ解消…などさまざまです。

では、そんな効果抜群の海藻を使ったダイエットとはどのようなものでしょう。まずワカメは、酢を加えて食べるようにしましょう。乾燥わかめを水で戻し、食べやすい大きさに切ります。そこにお好みで酢をかけて、食前に食べます。

海苔はスープにすると食べやすくなります。水が入った鍋に海苔をちぎりながら入れます。ドロドロになるまで煮て、塩コショウで味を調え完成です。海苔だけでなく、こしょうの発汗作用も得られるので、より効果的です。

もちろん、他の海藻類も少し手を加えるだけで海藻汁としてダイエットに最適なものになります。ルールは1日に1~2回食べること、食事の前に取ることです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ