ウエスト脂肪メラメラスープで体を浄化し、脂肪燃焼

年齢を重ねるごとに痩せにくい体質に変わっていくのは、むしろ当然のことです。女性ホルモンや新陳代謝の低下などが関係している以上、それは誰もが通る道で、しかし、そのまま放っておいたらどんどん太っていくばかりです。ここで一度、自分の体質を改善してみてはいかがでしょうか。

特にお腹周りにはお肉が付きやすくなっているという方は多いはずです。それは余分な水が体に溜まりやすい痰湿体質と、エネルギー不足で免疫力も低い気虚体質が原因だと考えられています。そこでお腹周りの贅肉を解消するべく考案されたのが「ウエスト脂肪メラメラスープ」です。

このスープは、東洋医学に基づいて考えられたレシピで、体に溜まった老廃物や毒素を洗い出し、体を温めて脂肪を燃焼させることを目的としています。簡潔にいえば体を浄化し、そこから脂肪を燃焼させようということです。

では、ウエスト脂肪メラメラスープの作り方を見てみましょう。材料は糸こんにゃく(シラタキ)…1袋(約200g)、ヤマイモ…50g、きざみ昆布(乾燥)…10g、なめこ…1袋(100g)です。まずは煮干しでだしをとり、中火にかけ沸騰したらヤマイモと糸こんにゃく、そしてなめこを加え更に10分間煮ます。

あくが浮いてきたら取り除き、しょうゆ、酒、みりんで味付けをして完成となります。
このスープは1日1食以上、食前に食べるようにしてください。また、毎日加熱すれば5日間は保存がきくので、まとめて作り置きしておくと便利です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ