お粥を食べてダイエットはどうして効果的なのか。お粥の魅力について

お粥を食べてダイエットは、空腹に耐える必要のないダイエットなので比較的続けやすいかと思います。そもそもお粥は、風邪をひいた時や食欲が無い時、二日酔いの時などによく食べられます。普段の食卓では、中々出てくることは少ないかもしれません。

お粥といっても水の量に応じて、種類が分けられます。水の量が一番多い三分粥、米1に対して水10の割合の五分粥、米1に対して水7の割合の七分粥、そして米1に対して水5の割合で作る全粥です。一番、親しまれている堅さは七分粥あたりが多いでしょう。

ではどうして、お粥を食べてダイエットができるのでしょうか。まず1つはなんといってもカロリーが低いことです。普通の白米に比べ、水を含んでいるので同じ1人分でもカロリーが抑えられます。白米のご飯一杯は約250キロカロリーですが、具を何も入れていない状態の五分粥は80キロカロリー、全粥でも150キロカロリーで済むのです。ついつい白米を食べ過ぎてしまうという方には特におススメです。

2つ目は体を温めることができます。体の中から温められるので、体温が上がり、結果として発汗作用が促進されるのです。代謝も良くなるので、痩せやすい体を作れます。また、味のレパートリーが多いことや、食欲が無い時でも食べられることなどが魅力として挙げられます。

ダイエットと言ってもやはり、身体のためにはしっかり食べることが大切です。満腹感を得られ、無理して空腹に耐えることがないという点でも、お粥はダイエットに最適な食べ物と言えるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ