こがし黒焼きパワーのヒミツを知れば、体の中からキレイになれる

「こがし黒焼きパワーのヒミツ」とは一体何なのか、気になるのではないでしょうか。そもそも黒焼きの意味が分からない、という方も多いかと思います。黒焼きとは、簡単にいえば食べ物をこがすことを指し、その歴史は古く、紀元前に書かれた中国の漢方書には既に黒焼きの記述があり、日本の古事記にも登場しています。

黒焼きを科学的に分析するのは困難といわれ、成分の変化がはっきりと分かっていないのが現実で、しかし、理由が明確でなくとも実際に多くの方が効果を実感しているのもまた、真実です。こがし黒焼きパワーでは、黒豆・玄米・タマネギ・ユズ種・昆布といった手に入りやすい食材を使います。

黒豆と玄米、ユズ種はアルミホイルにくるみフライパンで煎ると効果的です。タマネギは褐色になるまで炒め、コンブに至っては両面が焦げるまで蒸し焼きをします。
効果ですが、まず黒豆はメラノイジンによる抗酸化作用、血中のコレステロースの低下、さらにアレルギーの改善やダイエットに効果があるといわれています。

煎ることで、このメラノイジンを効率よく摂取することができるのです。
玄米はビタミンB群が豊富で、便秘解消の期待が大きいです。体が活性化されやすくなり浄化作用・脂肪燃焼などの効果も期待できます。

さらにタマネギは、血液・血糖値・コレステロール値を下げるなど血管系の病気を予防する働きがパワーアップします。ユズ種は抗酸化作用・血流促進・便秘緩和・美肌・腰や関節の痛みを改善する効果があり、昆布は老廃物を排出することで便通促進・血中コレステロールの低下で肥満予防の手助けをしてます。
いずれの食材にしろ、炭の力が加わることで大きな力となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ