毎食前に食べるだけのキャベツダイエット、失敗しないコツ

今までにも食材を用いたダイエット法は幾つかありました。バナナやトマトは記憶に新しいかと思います。そしてキャベツもまた、注目されている食材の1つで、キャベツダイエットは、食前にキャベツを食べるだけという非常に簡単なダイエットです。

キャベツ1玉を6分の1に切り分け、約5センチ角ほどの大きさにカットしそのまま食べるか、ノンオイルドレッシングで食べます。毎食前に10分掛けて、よく噛むことがポイントとなります。

噛む回数が多ければ多いほど満腹中枢が刺激され、食欲を低下させる働きがあります。キャベツを食べた後はもちろん、通常通りご飯を食べても構いません。ただし、暴飲暴食はしないように心がけましょう。

キャベツダイエットには、基本的に制限はありませんが1つだけ守らなければいけないことがあります。それは1日に70gのたんぱく質(卵・魚・豆腐・肉・牛乳)を摂るということで、たんぱく質が十分の摂れていないと筋肉が落ち結果、基礎代謝量も落ちてしまうのです。

基礎代謝量が減れば痩せにくい体質になってしまうので、悪循環を避ける意味でも必要なことです。
ちなみにこのダイエット法には、いろいろな効果があります。便秘、美肌、血液サラサラ、腰痛、膝痛、高血圧、糖尿病…など多くの効果が期待されているのです。

こんなにも魅力的な効果を得られると知れば誰だって興味を抱くのではないでしょうか。やり方も非常に簡単なので是非、実践してみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ