足裏湿布ダイエットはどうして効果があるのか

「足裏湿布ダイエット」とは、足の裏に湿布を貼るだけというかなり驚異的なダイエット法です。一般的にダイエットといえば、運動や制限が付き物です。しかしこのダイエット法は我慢も制限もないので、飽きやすい方でも続けやすくなっています。

やり方は非常に簡単です。市販の湿布を用意し、適当な大きさに切って足の裏に貼るだけです。1日ずっと貼っているほうが効果的ですが、もし無理ならば睡眠中だけでも構いません。また、お風呂のタイミングで交換することさえ守れば誰でも効果を実感できるはずです。

しかし、闇雲にどこでも貼ればいいというわけではありません。足の裏には、それぞれ全身の体の部位に相当するツボやゾーンがあるといわれています。足裏湿布ダイエットでは、この反射区を利用することで効果を得られるようになるのです。まずはどの部位を細くしたいのかによって、貼るところが変わってきます。

そもそも何故、それだけで痩せられるのか気になります。まず理由の1つとして、背骨の歪みを治す効果が関係していると考えられています。歪みを改善し、左右対称にすることで痩せやすい体へと変わり、これはモアレという装置で既に実証済みなので間違いありません。

そしてもう1つの理由として、全身の血行が良くなることが挙げられています。ただ単に足裏に湿布を貼っただけなのに、全体の体温が1℃高くなったことが分かっています。たかが1℃と思うかもしれませんが、体温が1℃上がるだけで代謝が約12%も上昇するのです。相当な効果があるのも裏付けます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ