“気”でダイエットが出来るのか、つるのポーズが鍵となる

「つるのポーズ」というダイエット法をご存知でしょうか。痩せるだけでなく、バストアップにも期待できるという、まさに一石二鳥のダイエットです。“つる”とは、皆さんも知っている、あの鳥類の鶴のことです。鶴は姿勢を正した状態で、片足で立っていますよ。あのポーズをすることで、神経を指先まで集中させ眠っている細胞を呼び起こすのです。

細胞が活発に動きだすと、脂肪燃焼のスイッチが押され結果、ダイエットとして効果が得られるようになります。そして、つるのポーズには“気”が大きく関係しています。東洋医学では気を生命エネルギーと位置付けているのですが、実は気の流れが滞ると身体にいろいろな悪影響を及ぼしてしまいます。

よく「病は気から」という言葉を耳にしますが、病気はもちろん他にも脂肪が固まり余分な水分が溜まってしまう原因にもなるのです。つるのポーズには気の流れを良くし、これらの悪影響を解消する効果も期待されています。方法は非常に簡単で、ただ両手を広げ片足で立つだけです。

まず顔は正面を向き、出来るのであれば目は閉じるようにしましょう。両腕を広げ、バランスの取れやすい高さでキープします。この時、中指はピンと伸びるように集中してください。そして背筋を伸ばした状態で、片足を持ち上げます。

膝が90度になるように曲げてください。以上、このポーズを1日6分(片足3分ずつ)行うようにしましょう。最初はふらついて、足がつくこともあるとは思いますが、まずは3分を目指してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ