自宅でできる骨盤ストレッチでゆがみを治そう

人の体を支える上で骨盤はとても重要な部分です。しかし様々な要因でゆがんでしまっている場合があります。ゆがみが生じると腰痛や肩こり、眼精疲労や偏頭痛、むくみや下半身太りなど様々な症状の原因になります。簡単にできる骨盤の状態チェック方法と、治すためのストレッチ方法があります。

まずは簡単にゆがみチェックをしてみましょう。
方法1:足を揃えて伸ばした状態で床に座ります。右足と左足の長さが違うようなら骨盤がゆがんでいるでしょう。

方法2:目と閉じて片足で立ちます。10秒間ふらつかずに立てなかった場合、骨盤がゆがんでいるかも知れません。
方法3:イスに座って足を組んでみてください。右と左で組んでみて、どちらかが組みにくい場合、骨盤がゆがんでいるでしょう。

ゆがみを治すストレッチの方法としては、肩幅に両足を開いて立ちます。つま先は前に真っ直ぐと向くようにしてください。手を腰に当てて、膝をあまり曲げないようにして腰を水平にゆっくり回します。左右各30回(合計約2分くらい)回します。

朝と夜の2回行うと効果的です。ドライヤーで髪を乾かす時間や歯を磨く時間にもできるので、特に時間を確保する必要もなくできます。
ゆがみは1度のストレッチで簡単に治るのは難しいですが、継続して続けることで少しずつ正常な位置に戻っていきます。

ただし、日ごろから悪い姿勢をとっている場合はゆがみの原因になっていると思われますので、なるべくきれいな姿勢をとるように心がけて過ごしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ