開いた骨盤を元の位置に戻す足指しばりはかなり簡単

足指しばりは、開いた骨盤を元の位置に戻すことで、ウエストを締める筋肉の働きを活発にします。結果、ウエストが引き締まりくびれを作ることができる…ということになるのです。しかも方法は非常に簡単です。名前の通り、足指を髪結いゴムなどで縛るだけなのですから。用意するものはゴム1本とクッション(座布団でも可)1個です。

まず両足の親指をゴムで縛り、固定します。この時、きつく縛ってしまうと血行が悪くなったりするので、目安としては足指が動かない程度です。次に腰の下にクッションを置きます。おへその部分が高くなるようにしたいので、腰が沈むものはNGです。もし、座布団を使うのであれば、折りたたむようにしましょう。

最後は仰向けに寝て、両手を上に上げてリラックスします。全身を伸ばすことをイメージしながら、かかとや足が開かないように気を付けてください。以上が、足指しばりのやり方になります。

意識しなければいけないことはありますが、ただ仰向けの状態で寝れば良いだけなのでテレビを見ながらでもできますよね。時間としては、5分間行えば十分です。骨盤は姿勢が悪い場合や、月経、出産、年齢などによって開いてしまいます。骨盤が開くのは、遅かれ早かれ誰にでも起こりうることなのです。

開いた状態のままだとポッコリお腹や下半身太りの原因になったりするので、正しい位置に戻してあげなくてはいけません。足指しばりは、骨盤修正をするなかで最も簡単な方法といえるかと思います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ