水平足踏みで便秘を改善!やり方はとっても簡単!!

水平足踏みは、便秘を解消することで身体を引き締めるダイエットです。やり方も非常に簡単で、空いた時間に好きな場所で行うことができます。また、気軽にできるので続けやすいという特徴もあります。水平足踏みのやり方は、大きく手を振りながら片足の太ももと床が平行になるまで上げ、つま先から着地します。

次は逆の片足の太ももを上げて、つま先から着地します。これを20回1セット、朝晩2セット行うようにしてください。より効果を高めたいのであれば、太ももと床が平行になる瞬間に1秒くらい静止してみましょう。静止することにより、筋肉がさらに刺激されるのです。

また、早いテンポで行うのではなく、できるだけゆっくりと足踏みすることをおススメします。無理は禁物ですが、慣れてきたら数を増やしてみてください。数を数えるのが面倒…という人は、時間を決めたり、テレビのコマーシャルの間に行ったりするなど自分なりにルールを決めるとストレスを感じることなく続けられるかと思います。

では、なぜ水平足踏みを行うことで便通が良くなるのかというと、それは便を押し出す筋肉が鍛えられるからです。
太ももを水平に上げることで、お腹の背骨側にある腰腸筋と内臓を下から支える骨盤隔膜が鍛えられます。結果、便通がスムーズに出るということになるのです。

他にも血液の循環が良くなり、代謝も高まるので脂肪燃焼しやすい身体へと変える手助けにもなります。早い人では3日ほどで効果を実感するようです。即効性にも期待できるのも、魅力の1つではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ