大仁田厚ダイエットの5つのポイント食事療法とは?

元参議院議員、プロレスラー、タレントの大仁田厚さんがなんとマイナス50kgのダイエットに成功しました。
大仁田厚ダイエットの特徴は、激しい運動をしない、1日5分の簡単エクササイズ、5つの食事療法を取り入れていることです。

激しい運動をするからこそ太るということに気付いた大仁田厚さんだからこそ、生み出したダイエットです。
簡単エクササイズはお腹痩せ、脚痩せ、ヒップアップの3つあります。
そして今回は、食事療法について紹介したいと思います。

大仁田厚さんの食事療法のポイントは5つです。
まず1つ目は朝にコップ1杯の豆乳を飲むことです。
基本的に朝は豆乳、豆腐、納豆というメニューを食べているようですが、欠かさないのはやはり豆乳のようです。
たんぱく質を多く含む大豆食品は、筋肉を作る為にも必要なのです。

2つ目は、昼は好きなものを食べることです。
とんかつでもかつ丼でも自分の好きなものを食べても、日中の間に消費されるので心配することはありません。

3つ目は夜は炭水化物を食べないようにすることです。
夜はあと寝るだけなのでカロリーが消費されにくくなります。
その為、温野菜の中心メニューを摂るようにしてください。

そして4つ目は、もし夜お腹が空いてしまったら豆腐、モズク、メカブを食べるようにしましょう。
最後の5つ目は、甘いものを我慢しないことです。
我慢はストレスとなり、長続きしません。

ダイエット中でも1人前であれば、さほど問題はありません。
これらは食事療法であり、食事制限ではありません。
大仁田厚ダイエットは、プラスエクササイズを取り入れることで効果が得られるダイエットとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ