自転車ダイエットは痩せにくいパーツにも効果的

通勤、通学、買い物などで活躍する自転車は、乗り方次第ではダイエットにも効果的なのです。
実際に自転車ダイエットで3kg痩せたという人もいるので、間違いないでしょう。
しかし効果を得るためには、ただ単に漕いでいるだけではいけません。

きちんとポイントを抑えることが重要となります。
まず自転車ダイエットで効果的なパーツを知っておきましょう。
二の腕、お腹、太もも、ふくらはぎの4つです。
これらのパーツは、身体の中でも痩せにくいパーツとしても知られています。

ただ漕ぐだけで一気に効果が得られるのですから、自転車ダイエットに火がつくのも納得がいきます。
では、自転車を漕ぐ際にどんなところに気を付ければ良いのでしょう。

まず姿勢は、背筋をピンと伸ばすのではなく、軽く曲げる程度がポイントです。
無理に正そうとすると負担になってしまうかもしれないので、リラックスした状態で乗ってください。
そして手はハンドルに添える程度で十分です。

前のめりの姿勢や力を入れ過ぎるのはいけません。
ひじを軽く曲げるだけで、タプタプの二の腕に効果的です。
そして美脚の秘訣は、ペダルにあります。
親指の付け根をペダルの真ん中に当てて、つま先で漕ぐようなイメージです。

また、足首はできるだけ動かさないように固定してください。
多少、動いてしまうのは仕方がありませんが、極力動かないように意識しましょう。
自転車はスピード感、爽快感があるのでジョギングやウォーキングに比べると、長続きしやすいです。
また、エコにも繋がるので一石二鳥のダイエットといえますね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ