食事誘導性熱生産とは食事をしているときに消費するエネルギー

人間は食べているときに、エネルギーを取り込んでいるだけではありません。同時にエネルギーを消費しており、それを食事誘導性熱生産といいます。体を動かさなくても消費活動をする基礎代謝は有名ですが、食事時のそれについては御存じない方も多いでしょう。

基礎代謝量は、筋肉量や身長体重等さまざまな要件によって、消費量が一人一人違い、。食事誘導性熱生産も、その食べ方によってエネルギーを費やす量が変わってきます。代謝量を高めるためには、よく噛んで食べることです。ダイエットをするときには、よく噛んで食べろと言われます。

それは食べ物をよく噛むことで唾液の分泌が促され、少量でも満足できるようになるからです。また消化吸収を助けてくれるので、胃腸にも優しいでしょう。それだけではなく、十分な咀嚼活動は交換神経の働きを高め、エネルギーの消費率を促進してくれます。

たんぱく質を多めに取るように、心がけます。食べ物の栄養成分によって、熱に変わりやすい物と、そうでない物に分けられます。糖質の熱量が最も高そうに思われるかもしれませんが、最も高いのはたんぱく質なのです。栄養のバランスが崩れてしまうのはよくありませんので、たんぱく質にばかり偏りすぎるのも困るでしょう。

普段の食事にほんの気持ち程度足すくらいで十分です。
食事をとる時間は、朝を中心にしましょう。朝から夜にかけて食事誘導性熱生産も下がっていきます。夜の食事は軽めにしておいた方がいいと言われるのは、そのような理由があるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ