承扶は、お尻と太ももの境目にあるツボで腰痛やヒップアップに効果あり

承扶とは、足の内側に位置しているツボです。東洋医学では、ツボを刺激することで体の調子を整える方法が実践されています。不快な症状が見られる、改善したい場所に関連するツボを刺激することで、症状が緩和されるのです。

例えばおしりが垂れ下がっているのが気になる、腰痛や足に疲れがたまる、痛むときはここを刺激すると症状の改善が期待できるでしょう。
ツボの位置ですが、お尻の部分と太ももの境目のちょうど真ん中あたりで、お尻の骨と足の骨がくぼんだ部分になります。

なぜこのツボを刺激することで、健康や美容効果が得られるのかというと、ちょうど坐骨神経幹の部分に位置しているからです。そこはお尻や太ももの筋肉の収縮や伸び縮みをコントロールしている箇所であるため、その部分に刺激を与えることで、お尻の部分の筋力に刺激を与え鍛えられるのです。

その部分のぜい肉を落とすと言うよりは、引き締め効果が得られるでしょう。また坐骨神経痛で悩んでいる方、その予防法としても役立ちます。
承扶の押し方は、両手の中指を使って実践します。中指でその部分をゆっくり3秒間かけて押します。

そして次に3秒かけてゆっくりと指の力を抜いていくのです。コツは押す時に、そこの肉を持ち上げるようにすることです。最初からいきなり力を入れると痛みを感じるかもしれませんので、注意してください。左右均等に同じ力加減で、押すようにしましょう。これを一日何度か繰り替えし、体調の変化を見てみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ