システインはアミノ酸の一種で不足すると肌あれが起こりやすくなる

システインとはアミノ酸の一種で、主に体内で、代謝機能を助ける働きを担っています。これは、体に必要な成分なのですが、食事から取ることが難しいため、欠乏しやすいのが難点です。

システインが不足すると、肌のトラブルが起こりやすくなります。肌には、新陳代謝という機能が備わっており、それが正常な状態に保ってくれており、古い角質が、新しい角質に定期的に生まれ変わってくれるので、肌の再生や修復が行われるのです。

その代謝に、この成分が深く関わっているため、不足するとトラブルが目立つようになってしまうでしょう。コラーゲンの生成にも関わっており、肌の真皮部分で作られます。そのおかげで肌にハリや艶、弾力が生まれるのです。コラーゲンが作られなければ、肌に弾力が失われていくでしょう。

肌だけでなく体の代謝にも、影響が出てきます。疲れがなかなか取れないのは、体の代謝を助けるエネルギー効率が悪いからかもしれません。疲れていても、エネルギーが体内ですぐに作られると、疲労の回復をそれが助けてくれるのです。システインが不足すれば、スタミナも維持できませんし、疲れも長引いてしまうでしょう。

お酒が残りやすくなります。お酒を飲み過ぎてしまった日の翌日は、二日酔いが起こります。それは、アセトアルデヒドという物質が体内に増加することが原因です。それを分解してくれる働きを持っているので、不足すれば、二日酔いから抜けきることが難しくなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ