冷え性を解消するツボの指間穴を押して痩せやすい体づくり

冷え性が体に及ぼす悪影響はさまざまですが、ダイエットにおいても妨げとなる場合があります。人間の体温は、1℃下がるだけで、基礎代謝が12%も落ちてしまうのです。そんな冷え症の人や、手足の冷えが気になる季節などには、ツボ押しで解消することができます。指間穴と呼ばれる部分を押すことで、手軽に改善が望めるのです。

指間穴とは、手の甲の指の根元の股を指していい、人差し指と親指の間に限っては、虎口と呼ばれる場合もあります。冷え性の改善が望める他に、自律神経を整える効果もあり、血液の循環を良くして、根本的な冷え性の解消に役立ちます。

同じ箇所でも足の甲の場合は八風と呼ばれ、親指から小指まで4カ所の股を指して呼ばれるツボです。ツボ押しをする際には、人差し指と親指を使って挟み込むようにツボをつまみ、少し力を入れて押してから、指先の方向に向けて軽く引っ張ってから放します。ひとつのツボにつき10回ほどこれを繰り返し、左右均等に行いましょう。

両手・両足でワンセット行う頃には末端が温まるのですが、実感できない場合は、何セットか続けると良いとされています。「少し痛いけど気持ちいい」くらいの強さで押すのがコツです。

冷え性は、とにかく体の末端から温めていくことが大切とされています。手先・足先は、血管が細く冷えやすいため、普段から冷えないように気をつけましょう。他にも、体幹部分のおなかを湯たんぽや腹巻で直接温めると、内蔵に集まった血液が末端に流れ出るので効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ