アロエベラの美容効果でダイエット中の肌トラブルを改善

多肉植物のアロエベラは、古くから怪我ややけどの治療に使用されてきました。薬効については、現在も様々な研究が行われ、多くに地域で生薬として用いられています。世界中で栽培されているため、自生地域が明確ではありません。アラビア半島南部から来たアフリカなどが、原産地とされています。

アロエは世界中でさまざまに利用されていますが、日本国内で主に利用されているのは2種類あり、キダチアロエは、比較的葉が小さく、肉厚も薄く細長いもので、木のように茎が縦に成長します。アロエベラは、放射状に葉が成長し、大きいもので1kgを超えるほど葉が大きく肉厚なのが特徴です。

葉肉のゲル状の部分の主成分である多糖類が、キダチアロエの十数倍も多いとされており、特有のサポニンという成分が含有されています。
アロエベラの葉から抽出されたエキスは、非常に多くの有効成分が含まれており、その中の美容成分を利用して美肌や美白のための化粧品にも用いられるようになりました。

ダイエット中は、さまざまな要因から肌トラブルを起こしやすくなるため、効果的に摂取することで、トラブルを気にせずダイエットを続けることのできる成分です。美肌効果では、肌の弾力とうるおいを生み出すコラーゲン量を増やし、若々しい肌を保ちます。

美白効果では、メラニン色素をつくる酵素の活動を阻害するため、シミやそばかすを予防するのです。また、皮膚を修復する効果によって、にきびを改善する役割も果たしてくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ