アディポサイトカインの善玉と悪玉のはたらき

脂肪細胞から分泌されている生理活性物質を、総称したものがアディポサイトカインと言います。研究によって、これらは血管を通って全身に運ばれ、血圧や糖の代謝に関わっているものもあるとわかりました。さまざまな種類がありますが、健康のためのはたらきをする善玉と、健康を阻害する悪玉があります。

体脂肪が適正である人の血液中には、善玉アディポサイトカインであるアディポネクチンが多く存在しているのです。脂肪細胞から分泌されているたんぱく質のアディポネクチンは、コレステロールや糖質の代謝に関わるホルモンであり、メタボリックシンドロームの予防に役立つと言われています。

また、アディポネクチンは、血管内で異常があると修復するはたらきを持っているため、動脈硬化を予防するのにも役立つのです。さまざまな健康効果をもたらす善玉ホルモンに分けられるアディポネクチンですが、内臓脂肪型の肥満などによって内臓脂肪が増加すると、アディポネクチンの減少が起きてしまうことがわかっています。

内臓脂肪が過剰に蓄積されると、PAI-1やTNF-αといった悪玉アディポサイトカインが増加するのです。PAI-1が血液中に過剰に増加すると血栓ができやすくなり、TNF-αは、増加しすぎると糖尿病が引き起こされやすくなることがわかっています。

これらを防ぐためには、健康的なダイエットによって内臓脂肪を減らし、善玉と悪玉のバランスを保つように心がけることが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ