アクテオシドは高い抗酸化作用を持つポリフェノール

アクテオシドとは、オリーブやゴマの果実や葉に含まれているポリフェノールの一種です。ポリフェノールは、赤ワインに含まれている成分として有名になりました。これは高い抗酸化作用を持っているため、老化の大敵である活性酸素の働きを抑制します。

また、含まれているポリフェノールは、赤ワインに含まれるそれの15倍以上の効果があることが判明しています。
アクテオシドの成分は、高い健康と美容効果をもたらしてくれます。人間が生きている限り、活性酸素が発生することを止めることはできません。

活性酸素が活発に動くことで、病気やがんにかかるリスクを高めることが分かっています。また、目に見える老化現象の原因でもあります。抗酸化作用の高い物を摂ることで、健康と美容を維持する助けになるのです。さらに、糖尿病予防に効果的な成分も含まれています。

糖尿病は血糖値が急上昇することで起こる病気の一種ですが、その上昇を抑えてくれます。アクテオシドは、主にオリーブやゴマに含まれています。オリーブはビタミンEも豊富で、アンチエイジング効果が高い食品として知れ渡っています。実そのものを販売しているというよりも、その実を酢漬けにした食品が、多く出ています。

サラダに合わせても、おいしくいただけます。そしてゴマは値段も手ごろで手に入りやすいですから、ご飯にかけて食べる、料理にと幅広く使えます。また、ゴマの小さい実の中に有効成分が含まれていますので、よく噛んでたべないと意味がありません。咀嚼回数が少ない方は、擦って食べましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ