青花は糖尿病予防だけでなく便秘解消にも効果あり

青花は、その名の通り青色の花をつける植物です。ツユクサ科に分類されます。滋賀県草津市の市の花に認定されており、その地域で多く栽培されています。ツユクサは多年草で、どこでも見かけるほど生命力の強い植物です。これには多大な健康効果があることが、近年の研究の結果判明しています。

健康効果として注目を集めるようになったのは、青花イミノ糖という成分の働きによるものです。それには血糖値の上昇を抑えてくれる効果があることが分かったのです。糖尿病が進行するのは、糖質類の摂りすぎが原因です。多量に摂ると血糖値が急上昇するため、それを抑えるためのインシュリンが分泌されます。

それは同時に脂肪の合成も進めてしまうため、太りやすくなるのです。また、血糖値の急上昇を繰り返すとインシュリンを出す為のすい臓の働きが次第に弱まっていきます。そこで糖尿病の方や予備軍と診断された方は、普段の食生活において血糖値を急に上げないような物を選んで食べるように気を付けているのです。

この植物には食物繊維も豊富に含まれていますので、便秘の解消にも役立ちます。また、抗酸化作用の高いフラボノイドも含んでいますので、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病予防、老化防止にも効果的です。

この青花を手軽にとる方法は、青汁を飲むことです。生産地である滋賀県草津市の会社が、それを製造販売しています。原料である植物は無農薬で製造されていますし、草津市が厳しい検査を実施しており、安全性も認められています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ