アオバナは糖質分解酵素に働きかける成分を持っている

アオバナは、ツユクサ科に分類される植物です。健康維持のために青汁を摂っている方も多いですが、その原料として使われている商品もあります。青汁は原料によって、その効果効能が異なります。どれも緑の濃い物を原料としており、ビタミンやミネラル類が豊富に含まれています。

こうしたものを飲むだけで、手軽に栄養補給ができるのがメリットです。
この植物には、糖質を分解する酵素があることが発見されています。食生活の欧米化などが原因で、糖尿病とその予備軍と診断される人が急増しています。誰もがそのリスクを負う危険性を持っています。

その予防や改善に効果の高い成分や、健康食品には高い関心が寄せられています。このアオバナには、糖質を分解するための酵素の働きを阻害し、その消化吸収のスピードを遅らせる働きをもつ成分が含まれています。吸収が緩やかになれば、血糖値の急上昇を防げます。

糖尿病と診断されたり、予備軍の可能性が高い方は、アオバナを毎日飲む習慣をつけてみましょう。野菜のように食べるのは難しいですし、販売されているところも多くはありません。しかし青汁やお茶として商品化されていますので、それを利用してみましょう。

青汁は、あの匂いと味が苦手という方も多いですが、牛乳やヨーグルトに混ぜて食べるとクセがなくなりお子様でも飲みやすくなります。お茶なら、水分補給時に水代わりとして飲めます。カフェインも入っていませんので、体に優しいのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ