RICE処置は運動中にケガをしたときの基本的なケア方法

ケガをしたときの応急処置の基本を、RICE処置という言葉で表現します。それはRest(休息)、Ice(アイシング)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字を取って付けられています。ケガをすると、痛みや腫れが生じます。その後すぐに適切な処置ができるかできないかによって、進行具合や治るまでの期間が大きく変わってくるのです。

ケガは、運動しているときによく起こります。ダイエットや健康目的のために、積極的に体を動かしている方も多いですから、万が一ケガをしたときの対策についても知っておくと役立ちます。自分がケガをしたときではなくても、周りの方が負傷した時に、率先してケアをしてあげられます。

まずケガをした時点で、運動を辞めることが先決です。無理して体を動かしても、ますます症状を悪化させます。痛みや腫れを感じた時点で、すぐに運動をやめる、そのような人を見かけたらやめさせます。

次に患部を冷やします。冷却スプレーを持っていれば、ただちにそれで炎症を起こしている部分をクールダウンしましょう。タオルを水で濡らして、あてるだけでも効果はあります。さらに圧迫することで、治りが早くなることがあります。

症状に応じて患部に圧力を加えたり、心臓より高い位置に患部を持ちあげることで、血流を抑制し回復を早めます。これらに適した道具は、スポーツクラブなどには必ず常備してあります。もしも運動をするのなら、自分用にそれらを用意しておくと安心です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ