薬事法は医薬品医薬部外品などを管理するための法律

薬事法は、医薬品、医薬部外品、化粧品、健康食品日用品、医療機器の品質や有効性、安全性を保つために制定された法律です。私たちの身の回りの物の多くが、その法律により管理されています。

これは品質だけでなく、表現方法も厳しく管理されています。健康維持や美容目的のために、サプリメントや健康食品を取っている方が大勢いらっしゃいますが、その宣伝やパッケージに書かれている表示をよく見てみましょう。それらは薬とは異なり、絶対的な治癒力を持っている製品ではありません。

そこでその効果や効能を表すために、絶対的な表現を用いてはいけないこととなっています。例えばダイエットを助ける目的で販売されている健康食品であれば、それで痩せるとは明言してはいけません。
同じように、化粧品に関してもその効果に関して厳しい規制があります。

最近増えているアンチエイジングや美白成分が配合されている化粧品では、シミそばかすが消えるなどの、絶対的な表現を使えません。シミやそばかすを薄くするという表現に変えることで、法律に触れずにすむのです。一方で薬事法が管理する商品の中には、高い効果が見られる製品もあります。

しかしながら断定的な表現を示すことが難しいため、婉曲的な表現で効能が書かれているのです。今後も薬事法で管理されている商品を購入する機会は、多々出てきます。その法律のことについてある程度理解していると、今後商品を効果効能で選ぶ時の参考になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ