METSとは、体重に応じた消費カロリーを正確に導き出す方法

METSとは、Metabolic equivalentsの略です。人間は体を動かしていない状態でもカロリーを消費していますが、その基準となる値です。通常消費する熱量のことをkcalという単位を用いて表しますが、同じ運動を行った場合でも、その人の持っている筋肉量や体重に応じて消費される熱量が異なります。

個人の体型や体重に合った活動量を計る単位として、これを用いているのです。
METSの基本は、体を安静にしている状態で、それを1メッツと表します。運動の強度に応じてその数値が上がっていきますので、それが多ければ多いほどにエネルギー消費量が多いと判断されます。

実際に運動を行った場合、その値を用いてエネルギー量を表せます。やり方は、自分の体重にその運動が何メッツに当たるのかを乗算して、それを行った時間と1.05をさらに乗算することで、導き出されます。例えば体重50Kgの方が、3メッツのエクササイズを1時間おこなったときは、50×3×1×1.05=157.5Kcal分を消費する計算になります。

この方法なら体重によって、正しい消費カロリーが計算できるのです。
METSを使った計算方法を用いることで、エクササイズによる消費カロリーを正確に計算できます。

ダイエットをするために、どの程度体を動かす必要があるのか、すぐに把握できるようになります。ちなみに体重を1グラム減らすためには、7.2kcalが必要だと定義づけられています。それに痩せたい分だけのキログラムをかけることで、必要な運動量が算出できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ