ほうれい線は大幅ダイエットの成功でも発生する

大幅なダイエットに成功したのに、ほうれい線ができることがあります。これは小鼻の横から、口角に向かって伸びている線のことです。顔にあるだけで、とても老けた印象を与えます。なぜ痩せるとできるのかというと、皮膚がたるんでしまうからです。太っていたころは、顔にも余分な肉がついていたはずです。それが減量によりすっきりと落ちていきます。

ところが皮膚は、脂肪の減少に対応することができずに、伸びたままの状態となってしまいます。これがたるみです。大幅に顔の脂肪量が減ったときは、この現象が起こりやすくなるのです。

ダイエットによりほうれい線ができるのは避けられませんが、それを早く解消する方法があります。その一つが、ターンオーバーを促すことです。お肌の皮脂は、一定期間ごとに新しい皮脂に生まれ変わっています。それが正常に行われると、皮膚の生まれ変わりの時期に、それが消えるはずです。

しかしながらそれが滞ると、残ったまま消えないのです。ターンオーバーを正常に機能させるためには、正しいスキンケアを実践することです。洗顔で肌の汚れをしっかりと落とし、そして十分な潤いを与えます。

まずは、コラーゲンの減少を食い止めましょう。たるんだ肌にハリを取り戻すためには、コラーゲンの生成量を高めることです。コラーゲンはお肌の真皮にて作られますが、その生成を邪魔するのが紫外線です。紫外線は年中降り注いでいますので、一年を通してそのケアを行います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ