低インシュリンDIETとは血糖値を急上昇させない食品を選んで食べること

ダイエットの方法に、低インシュリンDIETという方法があります。これは糖質をとった時に、血糖値の上昇を抑える物質であるインシュリンの働きに着目した方法です。人間の体には血糖値を正常に保とうとする働きが備わっており、上昇したらそれを抑えるホルモンが分泌されます。

ところがそのインシュリンというホルモンは、脂肪の合成を進めるというデメリットも持ち合わせています。そのため、多く分泌されると太るという結果に陥ります。
そこでその分泌を抑えるために、血糖値を上げない食品を選んで食べることで体重を落とそうと考えられたのが、このダイエット方法です。

他にもたらされるメリットも、多々あります。まず、日常生活を送るために必要なエネルギーを確保できます。体重を落とすために食事制限をすると、どうしてもカロリーを抑えるため、エネルギー不足になります。疲れやすくなる、持続力がなくなる、集中できなくなるのもそれが原因です。

また、筋肉量の低下を防げます。必要なエネルギーが得られないと、体は自分の体の筋肉を削って、それを熱に変えて活動の源にします。筋肉量が減ると、脂肪の燃焼効果が半減しますので、体脂肪を減らすことが難しくなるのです。

低インシュリンDIETの方法ですが、血糖値を急激にあげない食品を選んで食べることです。例えば、白米、パン、うどんなどの白く精製された食品は、食べることを控えましょう。逆に、そばやライ麦パン、玄米はその吸収が穏やかですから、食べても大丈夫です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ