チオクト酸とは細胞がエネルギーを生み出すのを助ける

チオクト酸とは、私たちの細胞にあるミトコンドリアに存在する成分です。別名αリポ酸とも呼ばれています。サプリメントではこちらの呼び方がメインとして使われていますので、こちらの呼び方に聞き覚えがある方が多いでしょう。私たちの体は、約60兆もの細胞により成り立っています。

ミトコンドリアは細胞一つ一つに存在し、生命活動に必要なエネルギーを作り出しています。αリポ酸は、その活動がスムーズに行われるように助ける働きを持っています。
その働きは、エネルギー活動を助けるだけではなく、老化を防止にも作用してくれます。体内で発生した活性酸素の働きを抑えるために、働いてくれるのです。

さらに、そのほかにもアンチエイジング効果の高いビタミンCやE 、コエンザイムなどの酵素の働きが体内で弱まったときにも、それを活性化させて抗酸化作用を高めてくれます。加えて、糖質の燃焼を活発にしてくれます。

糖質は熱として使われないと、体に脂肪として貯まります。その代謝を活性化し、エネルギーに変えやすいように導いてくれるのです。こうした効果もあって、ダイエット効果を上げる目的で摂っている方も多いです。

もともとチオクト酸は、人間の体内で合成されます。しかしながら、加齢とともにその製造量は年々減少していきます。その影響で十分なエネルギーが作られなくなり、疲れやすくなる、代謝が落ちてくるのです。歳をとってもエネルギッシュに活動するためには、体内で不足する分を食事で補うことで、活力が得られます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ