アイスクリームは脂肪分ではなくカロリーに注目して選ぶ

ダイエット中に、甘い物は御法度です。しかし、時々どうしても食べたくなることがあります。夏の暑い時期は、口当たりの良いアイスクリームが食べたくなります。しかし我慢が続くとストレスがたまり、いつか限界に達すると、我慢していたものを大量に食べてしまう危険性が高まります。

そこでダイエット中でも太らないアイスクリームの食べ方を知っておくと、心強いです。
食べ方としては、まず種類を選ぶことが大切です。商品のほとんどに、カロリーが表示されています。脂肪分の量ではなく、カロリーに注目してできるだけそれが低い商品を選ぶようにしましょう。

例えば、脂肪分が多い製品がカロリーが高いと信じている方が多いですが、商品ラベルを比べてみると、脂肪分の少ない製品のほうがカロリーが高いということがあります。必ず食べる前、買う前にチェックしてから買うようにしましょう。

また、食べ合わせによって太りにくくすると言う方法があります。アイスクリームは冷たいですから、食べると体も冷えます。それが内蔵までも冷やしてしまい、機能を弱めてしまいます。そこで体を温める食材と一緒に摂ることで、それを防げます。例えばジンジャーエールです。

これは温め食材として有名な生姜が含まれている、清涼飲料水です。それが冷たい物で冷やされた体を温めてくれますので、代謝も上がり食べても太りにくくなります。ただしジンジャーエールには、ただ生姜の風味をつけただけの商品がありますから、本物の生姜が使われている製品を選ばないと効果がありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ