心臓の周りについている筋肉が壊死すると心筋梗塞が起こる

心筋とは、心臓の周りについている筋肉です。私たちは心臓が適切に働いているおかげで、生命活動を維持しています。その働きが損なわれると、死に至る危険性が高まります。日本人の死亡原因として多くみられるのが、心筋梗塞という病気です。

これは 心臓の周りにある筋肉につながる動脈が詰まり、壊死してしまうことで起こります。これが起こり始めると、体に異変を感じます。胸が急に苦しくなり、呼吸が苦しく吐き気を催すようになります。そして動脈が詰まっても壊死を起こさなければ、狭心症という病気として判断されます。

心筋梗塞が起こる原因は、血中のコレステロール値が高くなることです。生活習慣病検診が開始されたのは、これらの病気を予防する意味を持っています。それ以外にも、糖尿病、動脈硬化、高血圧と診断される方も、こうしたリスクを高めます。

この病気を予防するためには、生活習慣を改善することです。血中のコレステロール値を下げるために、食事内容を見直すことから始めます。塩分、糖分、油分が多い食事をしている方は、その量を減らす必要があります。そして血液をサラサラにしてくれる、玉ねぎなどの野菜類、果物を積極的に摂ります。

そして飲酒や喫煙の習慣が付いてしまっている方は、それをできるだけ控えるようにします。特に喫煙は肺機能を弱める原因になりますから、これを機会にきっぱりと辞めたほうが、より高い健康効果が得られます。運動不足の方は、体を動かす機会を作ることでコレステロール値が改善されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ