植物性脂肪分とは植物由来のオイルで健康に良い

植物性脂肪分とは、植物由来の油脂のことです。動物由来のものと、よく比較されます。ダイエットや健康のためには、動物性よりも植物性のほうが健康的だと言われています。動物性の代表は、ラード、バター、肉の脂身です。植物性は、ごま油やマーガリンなどです。

体に贅肉がつくことを気にしている方は、脂肪分の摂取を極力控えるように気を付けていますが、それは間違いです。なぜなら、ある種の脂肪分を適量に摂ることで、健康維持や脂肪の燃焼に働いてくれるからです。体に潤いを与えているのは、水分だけではありません。

油分がその蒸発を防ぐ役割を果たしているので、適度な水分が保たれているのです。不足すれば、肌の乾燥が進むようになります。さらにホルモンの分泌を促す働きもしており、不足すればホルモンバランスが乱れ、不調を引き起こすのです。他にも、血中のコレステロール値を下げてくれる種の油があります。

それを摂ることで、効果的に脂肪を燃焼させられるのです。
健康維持のためにも積極的に取りたいのが、植物性脂肪分に含まれている不飽和脂肪酸です。これは青魚や、オリーブオイル、アーモンド、アボガトに多く含まれています。

テレビCMでも見かける、脂肪分が体につきにくいオイルが販売されていますので、それを取りいれるのも健康的です。ただし体に良いからといって、摂り過ぎは体に悪影響を及ぼします。動脈硬化のリスクを高めるため、適量を守るようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ