蒸留酒はアルコールだけを抽出して作られるのでカロリーが低い

蒸留酒とは、発酵後にアルコール分だけを抽出して作られる製造法のことです。アルコールの飲料を飲み過ぎると、太ると信じている方が大勢いらっしゃいます。ダイエット中や太りすぎを気にされている方は、それを控えるように気を付けます。しかし、大好きな物を我慢するのは苦痛です。

我慢する期間が長引いてしまうほど、ストレスがたまっていきます。ストレスも健康や美容に悪影響を与えるため、ためすぎるのはよくありません。アルコールも適量を飲むことで、ストレスの緩和に役立ちます。そのときに、蒸留酒を選ぶことで体に余分な脂肪がつくことを防いでくれるのです。

アルコールには、それ自体に糖分やカロリーの元を多く含んでいるタイプがあります。醸造酒と呼ばれる製造法では、発酵後に特別な処理を行わないため、糖質やさまざまなアルコール成分が残った状態で商品として出回ります。

しかし醸造酒はカロリーが高い物が多く、飲むだけでも結構なエネルギーを蓄積してしまいます。ビール、日本酒、リキュールなどが醸造酒に分類されます。カロリーオーバーの元となる原因が取り除かれている蒸留酒なら、カロリーを低く抑えられます。

ただし、太りにくいからといって飲み過ぎには注意です。飲み過ぎれば、肝臓に負担がかかります。一緒に食べるおつまみにも、気を付けなくてはいけません。アルコール自体のカロリーよりも、おつまみのほうが高いことが多いのです。脂肪分、糖分の多いおつまみは避けるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ