小腸の健康を保つことは美容と健康を維持するうえで重要

小腸は、消化器官の一つです。食べ物が入ってくると、消化酵素の働きでさらに吸収されやすい形にまで分解されます。それらの有効成分が体内で吸収されるのですが、それ以外にも有害な菌が入ってくるのです。その活性化を抑えるための、大切な働きも担っています。

ところが、現代人はその機能が弱まっている方が多く見られます。健康や美容のためにも、その働きを保つ努力が必要です。小腸の働きを改善するために、食べ物がそれを助けてくれます。腸内には、細菌が複数存在します。ここには体にとって良い働きをする善玉菌と、その逆の悪玉菌とがあります。

前者の数を増やし優位にすることで、機能改善が期待できるのです。それを助ける食べ物は、発酵食品です。ヨーグルト、チーズをはじめとして、日本の伝統食品である納豆、みそ、ぬか漬けにも、善玉菌のエサとなるものがたっぷりと含まれています。

そして水分をたくさん摂ることも、機能回復を助けてくれます。水分が不足すると、そこに便が滞留しやすくなります。適度な水分を摂ることで、腸内の流れがスムーズになり便の排泄も促進されます。お水を朝起きてからすぐに飲んだり、食前に飲むことで、その働きが活性化します。

また、ストレスをためないことも大切です。他の臓器にも言えることですが、臓器は自律神経によりコントロールされています。ストレスはそこに大きなダメージを与えてしまうため、臓器の働きが鈍くなります。ストレスをためずに、発散する方法を見つけることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ