醸造酒とは酵母で発酵させて作られ複数の種類のアルコールを含む

酒類を買ってきてラベルを見てみると、醸造酒と書かれているものがあります。それはお酒の種類であり、原料を酵母の働きで発酵させることで作られます。他の種類では蒸留酒と分類されるタイプがありますが、これは発酵の後にも一定温度で加熱し、特定のアルコール類のみを取り出して作られるのです。

違いは、アルコールの種類の多さです。前者は複数の種類が含まれているため、それが味に複雑さを持たせてくれます。一方で後者は単体しかありませんので、それ本来のうまみが引き出せます。

過度な飲酒は肝臓に多大な負担をかけますので、控えるようにすすめられます。飲み過ぎることで、体のアルコール処理能力がオーバーし、嘔吐や二日酔いの症状が起こります。適度な飲酒は、血行促進などの体に良い効能をもたらしてくれます。

アルコールに弱い方、もしくは胃腸の調子がよくないけれど、付き合いで飲みに参加しなければいけない時は、蒸留酒を選んで飲むと、二日酔いが起こりにくくなります。
これには、肝臓の処理能力と関係しています。アルコールを飲んでも酔っぱらうことが少ない方は、肝機能が発達しており分解能力が優れているからです。

弱い人はその逆です。また、複数の種類を含む醸造酒の場合は、それぞれに適した分解を行う必要があるため、時間もかかり臓器への負担が高まります。その点、種類が少ないタイプならそれを軽減できるのです。つまりウイスキーや焼酎は蒸留に当たりますので、二日酔いが残りにくいのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ