ダイエット中にも我慢しないアルコール摂取方法

きちんとしたダイエットをするには、それなりの期間が必要です。代謝の良い体を作りながら食習慣を改善していくためには、ある程度時間がかかります。しかし、短期間で無理のあるダイエットに取り組むよりもはるかに結果が出やすく、リバウンドも招かないのです。

そんな数カ月以上にわたるダイエットを敢行しようとした際に、ダイエット中のアルコール摂取について気になる人も多いことでしょう。
短期間であればお酒を完全に絶つことも可能ですが、お酒が好きな人にとって飲めないことがストレスになってしまうと、ダイエットの結果にも大きく影響してしまいます。

そこで、適量を守ってダイエットに影響しない量を摂取することで、ダイエット中のストレスを解消しながら上手にお酒を飲むことができるのです。
飲んでも太らないお酒の飲み方として、気をつけるべき点がいくつかあります。まずは、飲む前に自分の適量を決めておくことです。

強いお酒を飲みすぎることで酔いがまわり、食べすぎ飲みすぎにつながります。そして、糖質ゼロのものを選ぶようにして、カロリーの高いカクテルや梅酒は控えましょう。グレープフルーツなど柑橘系のサワーで代謝を上げるなら、生絞りが効果的です。

脱水症状になると燃焼効率が下がってしまうので、アルコール以外の水分(水やウーロン茶など)をしっかり摂取します。おつまみには、低カロリー高タンパクなものや、サラダ・刺身・豆腐など塩分の低いものを選ぶと最適です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ