頬のたるみが原因で起こるブルドッグフェイス

ブルドッグフェイスとは、頬のたるみが進行して口元から顎に向かって深いしわができた状態のことを指し、文字通りブルドッグのように頬が垂れ下がった顔のことをいいます。

腹話術の人形を想像してもらうとわかりやすいのですが、口元のラインが人形のように見えることからマリオネットラインとも呼ばれ、これを解消することで若々しい印象になるのです。20代後半以降にフェイスラインのケアをしないでいると、顔がたるんでくると言われています。

頬がたるんでできるブルドックフェイスの原因は、頬の脂肪を支える筋肉が年齢を重ねると共に衰えていくからです。
表情筋と呼ばれる顔の筋肉は、簡単なエクササイズで鍛えることが可能であり、スキンケアのときに塗る方向を気にするだけでも効果があります。

唇をすぼめてから、頬を引っ込めるのと膨らますのを交互に行うエクササイズが、一番広く知られているエクササイズです。化粧水や乳液を塗るときには、縦方向は下から耳の下に向かって塗り、横方向は顔の内側から耳の下に向かって広げるように塗ると、リンパの流れを良くする効果につながります。

ブルドックフェイスのように頬がたるむと、ほうれい線が深くなるため老けて見えるのです。また、下垂したフェイスラインは、実際よりも太って見えてしまうため、いくらダイエットをしても見た目が太って見えてしまいます。ダイエット中は体重ばかりが気になりがちですが、フェイスラインを引き締めて、見た目の太さを解消しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ