カラスの足跡はストレッチとスキンケアで解消

女性の目じりにできるしわをカラスの足跡といい、文字通り鳥の足跡のように目じりから放射状に伸びるしわは、加齢とともに衰える表情筋が原因です。表情筋は、表情を作る以外にも皮膚を支える働きがあるため、衰えることで弾力がなくなり、たるみやしわが目立つようになります。

表情に変化の乏しい人は衰えが早く、反対に表情豊かな人は筋肉が日常的に鍛えられているため、見た目に年齢が表れづらいと言われているのです。
カラスの足跡は、眼輪筋のストレッチで解消することができます。眼輪筋のストレッチで目の周辺の筋肉を鍛えると、目の下の細かいしわやたるんだまぶたにも効果的です。

ストレッチはとても簡単な方法で、目じりの上を人差し指で、下を中指で押さえ、軽く外側に伸ばすように引っ張りながら目を閉じるだけのストレッチです。6秒ほど伸ばし一度放して行う一連の動作を、5~8回繰り返すだけで、目の周りの筋肉が鍛えられます。

運動以外のダイエット方法で痩せると、顔や体のたるみが気にばる場合があり、実際の年齢よりも老けて見える恐れもあるのです。せっかくのダイエットも、見た目が衰えてしまっては意味がありません。

特に顔は、自分の印象を決定付ける重要な部分ですから、ダイエット後のたるみやしわを残さないように、ストレッチやスキンケアでしっかりとお手入れしていきましょう。カラスの足跡も、ストレッチの他に、目元集中ケアなどでうるおいを与えると効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ