フラクトースはダイエットに効果的な糖質です

フラクトースは果糖とも呼ばれ、はちみつや木に成る果実、ベリー類などに多く含有される糖の一種です。糖質の中で最小の構成要素であり、単純であるがゆえに消化・吸収が早く、脂肪細胞になりやすいと言われています。

そのため、ダイエット中には避けるべきだとされていましたが、近年、果糖を適切に摂取することで、ダイエットを効率的にする方法があるとわかりました。

最新の研究では、フラクトースの適切な範囲での摂取は脂肪の燃焼を促すことがわかっており、同等量のブドウ糖と比較しても、肝臓のグリコーゲン分解を抑制する効果が2倍であると判明しています。

こうした働きは、ダイエット運動を行う際にとても効果的であり、果糖の摂取がエネルギー消費を増やすのです。グリコーゲンは運動時のエネルギーとして利用され、脳の活動のためにも使われます。グリコーゲンが不足することで、運動トレーニングの非効率化や疲労の蓄積へとつながるのです。

過剰摂取した糖質が脂肪になる過程は、血糖値の上昇によって分泌されたインスリンが、グリコーゲンとして肝臓に蓄えきれなくなった余剰分が脂肪へと変化します。しかし、フラクトースの摂取では、血糖値の上昇が穏やかであるため、インスリンの分泌が抑えられるのです。

また、果糖を含む食べ物は食物繊維が豊富なので、ダイエット中の便秘を防ぎ、肌荒れなどを防ぐ効果も得られます。食べるタイミングとしては、食後にデザートにするよりも、食前に摂取しておくと満腹感も得られて過食を抑えるのにもいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ