蠕動運動を活発にして便秘を解消しましょう

消化管などの臓器の収縮のことを蠕動運動といい、臓器の内容物を移動させる働きをしています。多くの場合、食道から直腸までの動きについてを指しており、自律神経の働きで行われるものなので、意識によって運動を調整できません。

ただし、水分や食物を摂取したり、スポーツなどの運動を行うことによって与えられる刺激で、この動きを活発にすることはできます。加齢によって機能は低下するとされており、胃もたれや胸焼けを起こしやすくなるのは、機能低下で消化に時間がかかるようになるためです。

若年層でも大腸の蠕動運動が活発でない人は、便秘症などに悩まされやすくなります。
食事タイプのダイエット方法では、この機能は非常に重要です。女性はホルモンバランスの関係で便秘症に陥りやすいとされており、下腹がぽっこりと出ていることに悩む女性も多くいます。

こうした人のダイエットの場合には、胃腸の健康を整えて便秘を改善することで、すっきりとしたおなかを手に入れられるでしょう。
胃腸を健康にして、蠕動運動を活発にするためには、食物繊維や乳酸菌を豊富に含む食事を摂ることが大切です。

食物繊維は、野菜類全般や海草、キノコ類、果物などに多く含まれており、習慣的に毎食摂り入れることが求められます。乳酸菌は、広く知られているヨーグルトの他にも、キムチや納豆に含まれているのです。また、適度な運動も便秘解消に役立つので、毎日少しずつの運動でも継続するといいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ