滞留している便を排出することで健康効果が高まる

毎日きちんと便通がある方でも、腸に便がこびりついた状態の宿便を持っています。また慢性的な便秘の方は、長時間便が滞留しています。これが原因で引き起こされる弊害も、多くあります。便は老廃物であり、それが滞留している時間が長くなると腸内で発酵が進みます。

それによりさらに悪性の菌が増えるのですが、それも腸が吸収してしまいます。こういったが続くと、腸閉塞などの病気を引き起こす可能性も出てくるのです。
便を長時間留めないためにも、便秘の解消とデトックスが必要です。毒素排出と、腸の働きを高めるのに適しているのが断食です。

1日、2日の短期間でも構わないので、食べ物をほとんど食べないことで、疲れている内臓を休ませます。水分は生きていくために必要ですから、適宜とります。また、空腹が我慢できない時は自分で作った野菜ジュースを飲むと、少しはおなかが満たされます。

市販の野菜ジュースには、添加物が加えられている製品もありますし、長期保存するために加熱処理されているため、天然の酵素が失われています。酵素は毒素の排出機能を助けてくれますので、断食中でも積極的に摂るように勧められます。

そして食物繊維を含む食品も、デトックスには効果的です。食物繊維は、腸の働きを促進し便を柔らかくし出しやすくする働きがありますので、溜まっている老廃物の排泄にも一役買ってくれます。また、善玉菌の働きを助けてくれますので、毎日食べることで便秘知らずの体質に改善できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ